忍者ブログ

春夏秋冬 日本の四季を楽しもう

日本には四季があり、その季節に合わせて生活の準備をしながら、 その季節を安心・安全に!そして健康で美しく過ごすアイテムを揃えました。

風邪・インフルエンザの予防

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

風邪・インフルエンザの予防

 今年もそろそろ冬の季節が来ました。鍋を囲って家族団らんやスキーや
スノーボードなどの雪山スポーツも楽しみですが、やはり、風邪やインフ
ルエンザの予防は欠かせません。

 そこで、インフルエンザ予防接種を是非お勧めします。10月中旬から
12月中旬が良いとされ、流行期の前に接種を受けましょう。成人は
1
接種で十分な効果が得られます。  

また、65歳以上は地方自治体により異なりますが費用補助があります
ので、活用してください。

 

予防の大原則

 

●寒冷刺激を避ける

 冬場の葬式や通夜に行って風邪をひく人がいます。これは長時間冷気を吸い込むと鼻や喉の粘膜の血管が収縮して、粘膜面にある線毛の動きを悪くしてウイルスや細菌が住み着きやすくしてしまうからです。線毛は鼻から気管・気管支粘膜に高級絨毯のようにぎっしり生えていて、常に侵入してきた異物を波打つような動きをして外部に排泄するような働きをしています。

 

●うがいをする

 口やのどの粘膜に付着したウイルスや細菌を洗い流す効果があります。ただ、これらの病原体は極めて短時間に細胞内に侵入するので、効果はあまり期待できないとも言われています。

 

●マスクを使う

 ウイルスや細菌はとても小さく、マスクのガーゼなどは簡単に通過できます。ただ痰やつばなどは通れませんので、他人にうつさない効果は多少期待できます。更にマスクは鼻や口の湿度を保つのに有効です。

 

 冬の外気は湿度30%以下も珍しくありませんが、呼吸で吐き出す息は湿度が100%近くあります。呼気の水蒸気はマスクのガーゼに付着し、次の吸気でそれを吸い込むことができますので粘膜の加湿ができるわけです。

 

●手洗いをする

 電車やバスに乗ったら他人の行動をよく観察してみてください。咳をするときはマナーとして殆どの人は口に手を当てているはずです。その手には風邪のウイルスがたっぷり付着しているでしょう。

そして咳が収まるとその手でつり革、手すりにつかまります。風邪患者の身体から離れたウイルスは最低20分は生きているといわれています。条件が良ければ何時間も生存可能です。風邪患者が触ったつり革、手すりに次の乗客が触れるとウイルスはその人の手に乗り移ります。

 

 

 

●栄養と休養

  不規則な生活、栄養不足は線毛の働きを鈍くしてしまいます。またウイルスなどの病原体に対する抗体の産生を遅らせます。這ってでも出てこいといわれて無理して仕事をすると結局症状は長引き、仕事の効率は悪くなります。思い切って休むこと、休ませることも、最終的には生産性の向上につながります。

 

●禁煙

  タバコの煙には発癌物質をはじめたくさんの化学物質が含まれています。線毛の働きを低下させる物質も入っていますので、喫煙者は風邪の治りが悪くなります。風邪をひくとタバコがまずくなりますので惰性で吸い続けることはやめ、思い切って禁煙しましょう。

 

●栄養摂取で免疫力向上

しっかりと予防対策につながる栄養をを摂取して、 免疫力を高めることで、インフルエンザなどのウィルスに強くなっていきます。

今日食べたから明日から効果が発揮されるということではありませんが、 毎日意識して摂取すると体質がウィルスに強い身体へと改善していくので継続してください。。

 

インフルエンザの予防効果が高い食材

生姜

生姜の中にはセスキペルテンという鼻詰まりを解消し、咳を抑える働きのある物質が含まれています。

また、新鮮な生姜を摂ると粘膜に付着したウィルスと戦う力である、抗ウィルス性物質の分泌を促す効果もあります。

 

納豆やヨーグルトなどの発酵食品
納豆やヨーグルトなどの発酵食品は予防効果が高いと言われています。
納豆は強い抗菌作用があって、O-157やサルモネラ菌も予防するというほどです。
抗ウィルス作用のあるジピコリン酸という成分が、ウィルスから感染する病気に効果があると言われています。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は免疫細胞を活性化するので、免疫力UPの効果があります。

 

良質のたんぱく質

タンパク質は免疫の働きを保って、免疫力をUPするのに大活躍します。

 

肉・魚・大豆などの植物性タンパク質とこちらも偏りのないように摂るのが一番です。

 

みかんなどの柑橘系の果物

みかんやグレープフルーツの柑橘系の果物にはビタミンCが多く含まれています。

一日に500mgのビタミンCを摂ることで、インフルエンザや風邪にかかるリスクが大幅に減少することが研究で分かっています。

 

にんにくや玉ねぎ

 

にんにくに含まれるアリシンという辛味の素になる栄養素は、ウィルスやバクテリアから身体を守る効果があることも分かっています。

 

山芋やオクラなどのネバネバする食品

山芋やオクラなどに含まれるネバネバになる成分ムチンは、 実は人の体にもあるもので体の中の粘膜に含まれています。

 呼吸した空気の通る気管や食べ物が通る消化管、目などの表面をカバーしていてウィルスなどの外敵から身を守っています。

 

 

ビタミンDは

インフルエンザや風邪の予防で、実は、ビタミンDも高い予防効果があることをご存知でしょうか?

ビタミンDも積極的に摂ることでインフルエンザの予防に効果があることが分かっています。

 

★免疫力を高める

★インフルエンザなどのウィルス予防効果

★高血圧や糖尿病などの生活習慣病

★大腸がんや一部のガンの発症リスクの低下

に効果があるという研究結果もあります。

 

そのほかにも、魚類、キノコ類、チョコレート もよいと言われています。食事はやはり、

バランスよく摂ることが体の免疫力UPには重要となります。

 

毎日いろんな栄養素をバランスよく摂れるようなメニューを心がけるようにすることが、予防効果を上げることに繋がります。

 

しっかり食べて、

 睡眠もしっかりとって、

 寒くても太陽の光を浴びて運動することが予防にもつながるので継続していきたいですね。

さて、そうは言っても、このような環境にない人はどうしたら良いのでしょうか?そのような方に次のサイトを閲覧してください!

 
   

 

 

 

 

PR

コメント

プロフィール

HN:
日本パパ
性別:
非公開

P R