忍者ブログ

春夏秋冬 日本の四季を楽しもう

日本には四季があり、その季節に合わせて生活の準備をしながら、 その季節を安心・安全に!そして健康で美しく過ごすアイテムを揃えました。

入試の心得

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

入試の心得



入試本番が近くなり、受験生がいる家庭では緊張したムードになっていませんか。

アスリートの皆様が試合前に緊張を解すためアップに専念している人、心静かにイメージトレーニングをしている人、音楽などを聞いてリラックスしている人、人それぞれですが、そんなときに役に立つ、諸注意をピックアップしました。

1.受験にトラブルはつきもの

「体調不良」「受験票を忘れてしまった」「天候不良や公共交通機関の乱れで試験会場に遅刻しそう」など、本番当日に不測の事態に陥ることがあります。

どんなことがあっても平常心を保ち、むしろ「受験にトラブルはつきもの」というくらいの心構えが大切です。

 

そのためには事前準備(リスクマネジメント)が肝心です。万が一、忘れ物あったり遅刻しそうな場合があったときのために、「自宅」「通っている学校」「受験する学校」の連絡先(住所・電話番号)を一覧表にしておくといいでしょう
最近ではスマホか携帯に必ず登録しておきましょう。

事前に予測されるトラブルは、対応策をたてておくのがいいですね。もしもの時のために、所持金には少しゆとりを持たせてあげましょう。

2.出題傾向が変わったときこそチャンス

たとえ出題傾向が変わっていたとしても、あせらないことが肝心です。

2007年の大学入試センター試験でも、英語で出題傾向が変わり、戸惑った受験生も多かったようです。高校受験でも、突然出題傾向が変わったりして、受験生が戸惑うことはよくあること。

そうならないためにも、事前にいろいろな問題に触れておくことが大切です。
よく実施される、「過去問」の解き方習得ですが、突然出題傾向が変わることもあるため、出題形式の違う高校の過去問にチャレンジすることも重要です。ここで対応できれば、頭一つ抜き出ることができるでしょう。

 

3.自分がわからない問題は他の子もわからない

これは試験の最中によくあるトラブルですが、自分の苦手な分野から出題され、焦りやパニックにつながることも多々あります。

入試は100点満点をとらなければ合格できないというわけではありません。わからない問題が出て当然です。そんなときは「自分がわからない問題は他の子もわからない」くらいの心のゆとりが大切です。もしわからない問題が出た場合は、飛ばして先に解けそうな問題を解くようにアドバイスしてあげましょう。

4.早起きは三文の得

たまに「受験直前だから」という理由で夜遅くまで勉強している、いわゆる夜型受験生を見かけます。しかし、これは必ずしも望ましいことではありません。

入試は、朝早くから行われることが多く、実力を発揮するためには、早寝早起きが最も重要です。遅くとも本番の数日前からは早起きをする習慣が大切です。

早起きの原則は早く寝ることですが、朝が苦手という受験生には目覚めと同時に朝日を浴びるのが一番効果的です。起床時間と同時に朝日が差し込むように、子どもの寝室のカーテンやブラインドを調整してあげましょう。

5.焦ったら負け

受験生みんな、これまで受験のための準備は万全を期してきたはずと仮定すると、受験生の間では実力もそれほど変わらないはず。ならば、決定的に差がつくのが精神面です。

試験本番に得意なはずの数学で失敗してしまい、それがもとで焦ってしまい他の教科に悪影響が出てしまったという子がいます。 

6.メンタルトレーニングとマインドコントロール

問題を解く時間が足りなかったり、苦手な分野が出題されたりすると、それだけで焦ってしまうもの。そうならないために、本番で実力を発揮するのに一番大切なのがメンタルトレーニングです。これまで頑張ってきたという自信と、これだけは気をつけようという本番に臨むときの心構えです。日頃、常に受験を意識した時間設定や環境設定を行うことで、ミスは最小限に防げるでしょう。 

親ができることは、自信を持たせ、安心させること!

受験は子どもにとっては一見すると酷なことのように思えますが、多くの受験生は受験を期に精神的に逞しくなっていくものです。 

例年よくあることで、風邪をひいて熱っぽかったり、雪が降るなど予期せぬ出来事が発生します。でも、人生はこれらの試練を乗り越えてこそ、価値が生まれてくるものです。
受験直前、本番当日、とにかく大切なのは親も子も「焦らない」こと。親としてできることは、子どもに自信を持たせ、安心させてあげることなのです。

7.入試のための健康管理食品のご紹介
体調の万全こそが最大の強みです! 是非、お試しください。

     

 
 
 
 
 

PR

コメント

プロフィール

HN:
日本パパ
性別:
非公開

P R