忍者ブログ

春夏秋冬 日本の四季を楽しもう

日本には四季があり、その季節に合わせて生活の準備をしながら、 その季節を安心・安全に!そして健康で美しく過ごすアイテムを揃えました。

血液サラサラは心筋梗・脳卒中の予防に効果!?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

血液サラサラは心筋梗・脳卒中の予防に効果!?

三大疾病とは国民病とも呼ばれ日本人の死亡順位ワースト3を占めており、主に「がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中」のことを指します。

がんをのぞき心筋梗塞・脳卒中ともに血液・血管が起因しているのが注目する点です。

 

三大疾病で入院や治療を行う場合は他の病気と比べて入院は長期化しやすく、医療費も高額になるおそれがあります。

トータルで数百万円の医療費がかかってしまうことも少なくありません。

 

現役世代の方は長期治療のために仕事を犠牲にし、そして復帰できたとしても病気前の状況に戻れる保証は限りなく少なくなりますし、老後での発病なら老後の資金にも大きく影響することは間違いありません。

 

そこで、当サイトでは心筋梗塞や脳卒中の予防に関する情報を取り上げてみたいと思います。

 

病気と原因

脳卒中とは、脳の血管が詰まったり、破れたりすることで、体のまひや意識障害を引き起こすなどの症状があらわれる病気です。脳卒中には、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血があります。

 

脳梗塞

脳梗塞には、脳の血管にできた血栓が詰まることで起こる脳血栓、脳以外の場所でできた血栓が脳の血管に流れてきて詰まる脳塞栓があります。

脳梗塞は、血栓が詰まって血液の流れが阻害され、脳の神経細胞が損傷を受けます。

 

脳出血

動脈硬化によって弱くなった脳の血管に、高血圧が加わって、脳の血管が破れて出血を起こす病気が脳出血です。出血に伴って脳内に血腫ができ、これが脳の神経細胞を圧迫すると、損傷が大きくなります。

 

くも膜下出血

脳を覆う軟膜とくも膜の間で出血が起こる病気がくも膜下出血です。脳の動脈にできたこぶが、高血圧によって破裂し、出血を起こします。

脳卒中の中では、最も死亡率が高い病気です。

心筋梗塞

動脈硬化や血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れて血栓ができ、冠動脈

が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態を心筋梗塞と呼びます。

 

主な原因

脳卒中は、動脈硬化や血栓をつくる因子すべてが危険因子と言えます。なかでも高血圧は、動脈硬化を促進させ、血管に損傷を与えやすく、注意が必要です。

このほかにも、動脈硬化を促進させ、血栓をつくりやすい高脂血症、糖尿病、心臓病(狭心症、不整脈など)、高尿酸血症なども、脳卒中に大きく関与します。

これらの病気の根本となる、喫煙、飲酒、肥満、ストレスも危険因子といえるでしょう。


予防方法

脳梗塞や心筋梗塞は突然に起こる病気でかかってからしまったと思ったら手遅れです。

そこで普段から予防しておくことが大切です。

 

朝突然に気付くことが多く、「半身の手足が動きにくくなった」、「半身の手足あるいは顔面がしびれる」、「ろれつが回りにくくなって、うまくしゃべれない」などの症状が起こった時は脳梗塞が疑わしいので、すぐに(時間が勝負)病院へ行きましょう。

 

 

健康診断や人間ドックでの検査

・心臓の不整脈から起こる脳梗塞が増えているので、動悸がしたら調べてもらいましょう。

・脳梗塞の最大の危険因子は高血圧、次に高脂血症、糖尿病です。

このような病気にかかっていないか時々チエックして、早めに治しておくことが、脳梗塞の予防に一番大切です。

高血圧、高脂血症、糖尿病を放っておくと、将来、脳梗塞や心筋梗塞にかかることになる。しかし血圧が高くても、血液中のコレステロールが高くても、あるいは血糖が上がっていても、普通、痛くもかゆくもないので手遅れになることもあります。

 

生活面での予防

・脳梗塞は夏に多い、その理由は暑さのせいで汗をかいて脱水して、血液がドロドロになりやすいからです。

炎天下を避け、汗をかいたら十分な水分補給をする。

・塩分のないところに高血圧はないといわれることから、塩分を控えめに。

・血圧を下げるポイントは、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの微量元素(ミネラル)を摂取すること。

・タバコを吸っていると血液が濃く、ドロドロとした状態になり、脳梗塞にかかりやすくなる。

.魚の油に含まれるEPADHAには動脈硬化を抑えて脳梗塞を予防する効果がある。

またEPAには血液をサラサラにする効果、DHAには頭を良くする効果もある。

.納豆に含まれるナットウキナーゼには、血栓を溶かして脳梗塞を予防する効果がある。

.梅干やレモンなどに含まれるクエン酸は血液をサラサラにして脳梗塞を予防する効果がある。

・体内で出来る有害な活性酸素の害を打ち消す抗酸化物資(スカベンジャー)を積極的に摂取して動脈硬化を防ごう。それにはビタミンE、ビタミンC、カロチンなどがある。

 

動脈硬化を抑える・EPA、DHA、ナットウキナーゼ、ビタミンE、C、カロチン

血液サラサラ・・・EPA

頭を良くする・・・DHA

血圧を下げる・・・カリウム、カルシウム、マグネシウム

 

そこで、有用な成分を含んだサプリメントを紹介します。

南極クリルビタミンは生活習慣の改善に効果

ハピネスマンボウサンQは最高級のサラサラ成分

L-アルギニン5000プラスは血管拡張効果

神の草ヒュウガトウキが高血圧・糖尿・痛風に抜群

白井田七 田七人参は糖代謝をサポート




PR

コメント

プロフィール

HN:
日本パパ
性別:
非公開

P R